生きること、死ぬこと、それ以上のなにか・・・

このブログでは、音楽、なかでもクラシック作曲家である「バッハ」を中心に取り上げます。 また演奏家、CDについての批評も行います。 ちなみに私は指揮者のセルジュ・チェリビダッケに深く傾倒しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェリビダッケ批評 15 ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調

チェリビダッケ批評 15 ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調
Beethoven Symphonies Nos. 4  5

ベートーヴェン:交響曲第4&5番
(2001/04/18)
チェリビダッケ(セルジュ)

商品詳細を見る


EMIから販売されている、チェリビダッケの演奏をレヴューします。
これは第15回目のレビューになります。

第15回目の曲目は

”ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調” (1992年録音)

「運命」という通称で呼ばれる、
ベートーヴェンの非常に有名な5番目の交響曲です。


この曲には、壮年期のベートーヴェンらしさに満ち満ちた曲です。
特に動機労作の点について、それが顕著に現れています。


冒頭の”ダダダダーン”というリズムと、
G→Es”長3度の移行”の音程が、
曲のほとんどを覆いつくしています。


そして、「暗」→「明」への表情の移り変わりが、
非常にわかりやすく提示されているのです。


演奏について述べます。

第1楽章 Allegro con brio ハ短調 2/4拍子 ソナタ形式

非常に慎重に、緊張感を持って、第一主題が鳴ります。
この部分が交響曲第5番全体の骨格に当たる部分なので、
それは当然です。

チェリビダッケの演奏の場合、曲の重要な箇所の意味が、
(例えばこの冒頭部分)意識せずとも
意識して聴く場合と同じくらいの強度で伝わります。
つまり、曲の構造原理が格段に把握しやすくなるのです。

私は、良い演奏とはこのようにあるべきだと考えています。

再現部も決して力まず、スムーズに音楽は流れます。
しかし、ただそのまま流れているのではなく、
なぜそのような展開をしながら曲が進行するのか、
非常に丁寧に教えてくれます。

チェリビダッケとミュンヘン・フィルがこの曲の構造原理を完璧に把握しており、
またそれを演奏として実現できる能力の高さを持っていることを示唆しています。


第2楽章 Andante con moto 変イ長調 3/8拍子
主題と3つの変奏、コーダから成る緩徐楽章。


非常に穏やかな表情をしています。
しかしその背後でどのように変奏が行われているのかを、
緻密に解き明かしています。


第3楽章 Allegro. Attacca ハ短調 3/4拍子
複合三部形式 スケルツォ - トリオ - スケルツォ - コーダ


この楽章は通常、緊張感を持って演奏されることが多いですが、
チェリビダッケは非常におおらかに演奏しています。
フゲッタの部分での各楽器間のパートバランスの繊細さは瞠目に値するほどです。
この楽章は、切れ目なく、次の楽章へ進みます。


第4楽章 Allegro. Presto ハ長調 4/4拍子 ソナタ形式

ここでは、一般的な演奏では存在する、
熱狂的な興奮は存在しません。
あるのは偏執狂的なまでに論理的に演奏しようとする確固とした意思だけです。

冒頭のフォルッテッシモの部分でも決して響きは濁りません。
第4楽章だけを取り上げると、ソナタ形式には聴こえないかもしれませんが、
交響曲第5番全体で俯瞰すると、
全体が非常にソナタ形式的であると気付かせてくれます。


チェリビダッケが指揮したベートーヴェンを聴くと、
この部分はこうなっていたのかと溜飲を下げることが非常に頻繁にあります。

あまり適切な表現ではないかもしれませんが、曲を解剖しているような印象を受けます。
(ときにそれは美しさだけではなく、グロテスクな様相を呈すこともあります。)

ベートーヴェンが非常に論理的に作曲を行っているということ、
そのことを改めて認識させてくれるような演奏だと思います。






スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/03/19(土) 00:46:45|
  2. チェリビダッケ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェリビダッケ批評 13 スメタナ 我が祖国より 「モルダウ」

EMIから販売されている、チェリビダッケの演奏をレヴューします。
これは第13回目のレビューになります。

第13回目の曲目は、

"スメタナ 我が祖国より 「モルダウ」"(1986年録音)
原題: Smetana Vltava from Ma Vlast


とても有名な曲です。
モルダウのメロディーはほとんどの方が聴き覚えがあるのではないでしょうか。

スメタナの「我が祖国」という作品は、
あえて、一言でいえば、
チェコという国のナショナリズムの高揚を作品化したものだと言えます。
チェコという国はこんなに素晴らしいんですよ、ということを、
連作交響詩という形で表明しているように感じます。

この、「我が祖国」は全部で6つの曲から、構成されています。
はっきり言って、どの曲も似たようなものです。
(全曲通して聴くと、非常に疲れます。
「はいはい、チェコはいい国だね。分かったから、もういいよ。」
という感じです。 彡(´・_・`;)彡ヒューヒュー
すきま風が吹いているようにも感じます。)

この曲の演奏では、一般的に、
ラファエル・クーベリック指揮のものが名盤とされているようですが。
(クーベリックはチェコ出身の人です。)
私は、あまり評価してません。
クーベリック自体は非常に好きな指揮者なのですが、
「我が祖国」という曲が、あまりメリハリのない曲なので、
非常に一面的というか、なんというか・・・
(政権演説を聴いているような気分になります。)


「モルダウ」はこの曲集の中でも、最も起伏に富んでいるので、
この曲単独での演奏機会が多い状態です。
この曲だけ取り出して聴くなら、まぁ疲れません。


だいぶ、否定的なことを述べましたが、チェリビダッケの演奏は非常に立派なものです。

―演奏について―

まず、冒頭のフルートの音色に注目してみてください。
この圧倒的な静寂!
深い海の中で音楽を聴いているようです。
音は確かに鳴っているのに、
無音の状態より、静寂を感じさせます。


そのトーンを維持したまま、旋律は弦楽器群に移行します。
ここで朗々と詠われる、あの主題。

このメロディーは余りにも単純なものなのかもしれません。
しかし、単純さを突き詰めることでしか、表現できないこともあります。
この部分は偉大だといっても過言ではないと思います。


続いて、管楽器を中心に曲は展開していきます。

そして、また、あの主題が再現され、弦楽器で奏されます。
この部分での確信に満ちた表情。
この演奏の白眉の部分です。


曲はその確信を持ったまま、完結します。

チェリビダッケの演奏で聴くと、
他の演奏家の演奏で得た印象と全く異なる印象を受けることが多々あります。
この曲は、その好例だと思います。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/03/13(日) 15:01:27|
  2. チェリビダッケ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェリビダッケ批評 12 ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」

EMIから販売されている、チェリビダッケの演奏をレヴューします。
これは第12回目のレビューになります。

第12回目の曲目は、

"ベルリオーズ 序曲「ローマの謝肉祭」"(1988年録音)
原題: Berlioz Overture Le Carnaval Romain


非常にベルリオーズらしい曲です。
ベルリオーズらしいとは?
(オーケストレーションがド派手、和声進行がグチャグチャ)
今日、ベルリオーズの序曲の中では最も頻繁に演奏されている曲です。


ベルリオーズは当時、オーケーストレーションの改革者でした。
私の主観ですが、ベルリオーズはベートーヴェン等の古典派の作曲者によって、
創り上げられたオーケーストレーションを良い意味で解体した作曲家です。
(繰り返しますが、和声進行は酷いです。)

そのような曲をチェリビダッケが演奏したらどうなるのか?
オーケストラの音色の饗宴です。
これほど豊かなオーケストラの音色というのはなかなか聴けるものではありません。

弱音部の繊細さ。
トッティの部分での明晰さには恐れ入るばかりです。


特に強調したいのが、曲の終盤、オーケストラが非常に盛り上がる個所があります。
ここでガツーンときて、
これで終わりかと思うと、
さらにその上の上まで上り詰めるのです。
(再三、繰り返しますが、和声進行はヘンテコです。)
この演奏の凄さは、聴いてみなければ分からないと思います。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2011/03/09(水) 04:27:24|
  2. チェリビダッケ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェリビダッケ批評 09 ドビュッシー 「海 - 管弦楽のための3つの交響的素描」


La Mer Celibidacheドビュッシー:「海」「イベリア」
(2001/04/18)
チェリビダッケ(セルジュ)

商品詳細を見る


EMIから販売されている、チェリビダッケの演奏をレヴューします。
これは第9回目のレビューになります。

第9回目の曲目は、
”ドビュッシー 「海 - 管弦楽のための3つの交響的素描」”(1992年録音)
原題(仏): La Mer, trois esquisses symphoniques pour orchestre

ドビュッシーの管弦楽作品の中で、最高傑作ではないでしょうか。
オーケストレーション、その着想、そして刻一刻と変化する音色。

この曲が、印象主義音楽を代表する作品であり、
近代音楽史上最も重要な作品の1つであると言われていることも納得出来ます。

ドビュッシーは、
「音楽の本質は形式にあるのではなく色とリズムを持った時間にこそある。」
という発言をしています。

そして、この「海」という曲は非常に色彩的な音楽です。
リズムはあまり強く意識、強調させられません。
(私が、気付いてないだけかもしれません。)


一応標題音楽の体を為していますが、
標題音楽「海」、というより、
オーケストラのための協奏曲といった印象を受けます。
(バルトークじゃないよ。)


この曲の3楽章構成で作曲されています。

それでは、演奏について述べます。

第1楽章:
「海の夜明けから真昼まで」 (De l'aube a midi sur la mer)


冒頭部分、つまり夜明けの海の部分。
これほど神秘的な音楽は、
ブルックナーの交響曲以外、知りません。


移りゆくニュアンスの透明感、色彩の変化。
そして、背後にある哀しみ。

そして、第1楽章で早くもクライマックスが訪れます。

徐々に、しかし確信を持って、一歩一歩登りつめていきます。

ただ、上へ、登りつめて、登りつめて、登りつめて。
そこで今までの緊張感が一気に昇華されます。
遥か、地平線の彼方を見通せるような感覚に出会います。


この感覚!
一瞬にして、景色が全く異なるものへ変化する。
このような、一瞬にして世界観が変わるような演奏は、
チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル
だけしか成し遂げられなかったものだと思います。


第2楽章:
「波の戯れ」 (Jeux de vagues)


この「海」という作品は、第1楽章のクライマックスで、
圧倒的なカタルシスを与えているため、
後の楽章は、エピローグ的な感が否めません。


しかし、そこはチェリビダッケ。
ボンクラの演奏家とは違います。
この曲の問題点を解決して、第2楽章、第3楽章にも、
それがなければならないという、
必然性を持たせることに成功しています。


ニュアンス豊かな音色、ただの盛り上がりではありません。
(海の演奏はオーケストラをただ派手に鳴らすだけの演奏が多々あります。)
夢を見ているかのような、優しさに満ちた演奏です。
そういえば、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」も夢を描いた作品ですね。


第3楽章:
「風と海の対話」 (Dialogue du vent et de la mer)


緊張感を持って、この楽章は開始されます。

この楽章の途中、夢をみるかの様に幻想的な、
ちょっとした事で壊れてしまうような、
繊細さを持っています。

そして、この楽章の最後は、第1楽章の高揚に匹敵するような音楽で幕を閉じます。
(盛り上げ方は、第1楽章の方が、自然で神秘的です。)

確かに、この「海」という作品のクライマックス、肝は第1楽章にあるのですが、
それを感じさせない、果てしなく美しい音色の饗宴です。


<全体を通じての感想>

チェリビダッケとドビュッシー、ラヴェルの相性は抜群でした。
(特にラヴェル。驚天動地の演奏です。)
チェリビダッケのブルックナーも、それはそれは素晴らしいものでしたが、

「細部への偏執狂なこだわり」
「音色の(微妙な、しかし、とても大切なことです)な変化」
「言葉にならないニュアンス(雰囲気のようなものです)」


この3点において、チェリビダッケは最晩年、とんでもない演奏を行っていました。

過剰なまでの繊細さ、
畏怖すべき圧倒的な力、
曲の遷移により刻一刻と変化する色彩。



もう、言葉が出てきません。
これは、言葉では、表現出来ません。





Wagner Debussy

別のCDをご紹介いたします。
ことらは、チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルの演奏で、
ワーグナーの「前奏曲と愛の死」
ドビュッシーの「海」
が収められたディスクです。

いつか、この録音に関して批評を行うかもしれません。

残念ながら、実はこちらのCDの方が、
演奏のクオリティも録音状態も良く、
当日、コンサート・ホールで鳴り響いていたであろう、
会場の空気感をかなり正確に伝えてくれます。


(海賊版です。
 ヤフオクなどで購入することが出来ます。
 当然、Amazonでは買えません。)

次回は、チャイコフスキー 交響曲第5番を取り上げます。






テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/13(月) 04:23:36|
  2. チェリビダッケ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

チェリビダッケ批評 08 ブラームス ハイドンの主題による変奏曲

シューマン:交響曲第2番、ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲シューマン:交響曲第2番、ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
(2007/01/01)
ロベルト・シューマン、 他

商品詳細を見る


EMIから販売されている、チェリビダッケの演奏をレヴューします。
これは第8回目のレビューになります。

第8回目の曲目は、
”ブラームス ハイドンの主題による変奏曲” (1980年録音)

俗に、ハイドン・バリエーションと呼ばれる曲ですね。
私はブラームスの管弦楽曲の中では、最もこの作品が好きです。


ブラームスは交響曲も素晴らしいと思いますが、この曲の魅力には敵わない。
なぜこんなにも魅力的な曲なのでしょうか?


まず一つは、ハイドンの主題が素晴らしいという点だと思います。
そして、ブラームスの変奏の技法が、これでもか、というほど発揮されています。
構成の素晴らしさ、起承転結が非常に明瞭に書かれています。


この曲はの変奏は以下のようになります。

主題Andante 変ロ長調
第1変奏Poco piu animato 変ロ長調
第2変奏Piu vivace 変ロ短調
第3変奏Con moto 変ロ長調
第4変奏Andante con moto 変ロ短調
第5変奏Vivace 変ロ長調
第6変奏Vivace 変ロ長調
第7変奏Grazioso 変ロ長調
第8変奏Presto non troppo 変ロ短調
終曲 Andante 変ロ長調



それでは、演奏について述べます。

チェリビダッケが、
ミュンヘン・フィルの芸術監督に就任したのが、1979年です。
(チェリビダッケが亡くなる1996年まで、そのポストに就いていました。)
この曲の演奏は1980年に行われています。

だからというわけでもないのですが、
まだ地に足が付いていない部分もあります。

しかし、恐ろしく入念なリハーサルが行われたのであろうということは、
この音源から推測できます。

そのおかげで、
チェリビダッケのやりたい音楽

目指している地点は、しっかり伝わってきます。

まず、全体のバランス感覚は見事なものです。
各変奏が移り変わる際に、違和感を感じさせません。

圧巻なのはフィナーレです。
これほど巨大で、荘厳な音の響きは、
なかなか聴けるものではありません。
全てはこのクライマックスのために、
周到に用意されていたのだということが分かります。


しかし、1990年代に、
この曲がチェリビダッケとミュンヘン・フィルによって演奏されていれば、
という感はどうしても否めません。


次回は、ドビュッシー「海 - 管弦楽のための3つの交響的素描」を取り上げます。





テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/12(日) 10:04:04|
  2. チェリビダッケ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヒロチェリ

Author:ヒロチェリ
FC2ブログへようこそ!
クラシック音楽を中心に、色々と書いています。

カテゴリ

クラシック音楽 (52)
チェリビダッケ批評 (25)
セルジュ・チェリビダッケ (12)
J.S.バッハ (4)
ベートーヴェン:交響曲 (0)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ (0)
ブルックナー:交響曲 (1)
マーラー:交響曲 (3)
クラシック音楽について (4)
Jazz/Progre/Rock等 (14)
Dream Theater (7)
日々の生活 (14)
お気に入りの歌詞 (3)
書籍 (4)
真理 (2)
映画 (4)
アメリカン・ニューシネマ (2)
IT(Information technology) (3)
21世紀の精神異常者 (4)
お薬をどうぞ (2)
Twitter (44)
未分類 (3)
絵画&写真 (0)
Studio album (0)
Sergiu Celibidache (2)
プログレ (0)

最近の記事+コメント

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
49位
アクセスランキングを見る>>

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも一覧


クマでもわかる物理学最新トピックス

〜TOMOHISA SUZUMURA’S CRITICAL SPACE/鈴村智久の批評空間〜

厳選!ダンス動画

【三日坊主日記】改め・・・『考え中』

Ragdollの主題による変奏曲

知好楽@瀬戸田

Violino~クラシックのある生活~

四季歩のつれづれ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

音楽 ハイドン チェリビダッケ ヘロイン 映画

HDD 外付け ハイドン Haydn Bruckner Tchaikovsky Celibidache ブルックナー チェリビダッケ Record ルーマニア Sergiu ランボー ブレイク 翻訳 ドストエフスキー 堀口大學 小林秀雄 google  アメリカン・ニューシネマ スタンリー・キューブリック サム・ペキンパー シルヴィ・ギエム Sylvie Guillem エベレスト 世界一  チョモランマ Everest ネパール チベット Gould Bach Glenn グールド グレン・グールド バッハ ヱビス 黒ラベル チェコ プレミアム・モルツ エーデルピルス ビール サッポロ ピルスナー・ウルケル ベルティーニ マーラー ギーレン テンシュテット SonicStage オーディオプレイヤー iTune foobar2000 AudioGate ライブラリ 音質 イコライザ AIMP2 Web Browser Opera Iron ブラウザ ウェブブラウザ 仏教 Mahler Schubert シオラン アフォリズム Beethoven 交響曲 ムラヴィンスキー レニングラード・フィルハーモニー チャイコフスキー Dream ドリーム・シアター プログレ Theater ピアノ協奏曲 Blog ブログ ブクレコ Facebook ピアノ・ソナタ ベートーヴェン ミュンヘン・フィル トラックバックテーマ 掲示板 Amazon ムソルグスキー ラヴェル 光の帝国 マグリット Zeppelin レッド・ツェッペリン Led ジミー・ペイジ Radiohead ハルシオン ロヒプノール ベゲタミン パキシル トランキライザー デパス カート・コバーン 睡眠薬 ティモシー・リアリー キリスト 人体実験 ゲーテ 善悪の彼岸 白取春彦 ニーチェの言葉 超訳 道徳の系譜 ニーチェ ツァラストラ バレエ ベジャール シカゴ交響楽団 天才 文化会館 バレンボイム ギエム ボレロ バロウズ ヘロイン Heroin シュルレアリスム 上野 ベルギー アート 絵画 ブーレーズ 現代音楽 フーガ バロック ゲーベル フーガの技法 レオンハルト エマール クラシック音楽 管弦楽曲 EMI オーケストラ ロメオとジュリエット ソナタ形式 くるみ割り人形 Nutcracker 組曲 花のワルツ ニュルンベルクのマイスタージンガー 喜劇 悲劇 指輪 前奏曲 序曲 ワーグナー トリスタンとイゾルテ 白痴 悪霊 未成年 罪と罰 文学 ロシア カラマーゾフの兄弟 楽章 オーケストレーション ハ短調 クラシック ブラームス 地震 被災者 原発 津波 計画停電 東北関東大震災 東日本大震災 東電 福島 東京電力 クラリネット スケルツォ 根本敬 ザ・ワールド・イズ・マイン 新井英樹 田園 ロマン派 キース・ジャレット ヴァント シューベルト リヒテル ベルリオーズ スメタナ マイルス ビバップ エヴァンス ジャズ 大地の歌 ミュンヘン メンデルスゾーン シューマン モーツァルト 時間 偉大 奇跡 カタルシス 永遠 ソナタ バーンスタイン 悲愴 フランス 音楽 芸術 呪われた部分 メタル トッティ 長調 ピアニッシモ フォルテッシモ モダン・オーケストラ ピリオド・オーケストラ アレグロ マイルス・デイビス ピアノ ロック EMI 救済 スピード 覚醒剤 スレイヤー スラッシュ レイン・イン・ブラッド メガデス ヘビー・メタル アンスラックス メタリカ HR/HM フルート München 北ドイツ 真夜中のカーボーイ 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。