生きること、死ぬこと、それ以上のなにか・・・

このブログでは、音楽、なかでもクラシック作曲家である「バッハ」を中心に取り上げます。 また演奏家、CDについての批評も行います。 ちなみに私は指揮者のセルジュ・チェリビダッケに深く傾倒しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

翻訳について

翻訳について

カラマーゾフの兄弟 新潮文庫
(これは新潮文庫から出ていたドストエフスキー作「カラマーゾフ兄弟」です。今は表紙が変わってしまいましたが、昔は新潮文庫のドストエフスキー作品の表紙は全てこのデザインで、私はそれが好きでした。)

現在の表紙はこのようになっています。

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



日本語以外の言葉で書かれた本を読む場合、どうしても日本語に翻訳されたものを選びがちになります。
そこで問題となるのが、翻訳のレベルです。
例えば、文学の場合、ある程度の詩的表現が求められるでしょうし、
学術書の場合、徹底的な正確さが求められます。
実は翻訳のレベルというのは、非常に重要だということを、3つの例を挙げて、紹介させて頂きます。

今回は下記の3つを採り上げます。


1.アルチュール・ランボー作
「地獄の季節」

散文 フランス語


2.フョードル・ドストエフスキー作
「カラマーゾフの兄弟」

長編小説 ロシア語


3.ウィリアム・ブレイク作
「天使」 経験の歌より

幻想詩 英語



1.

ランボー全詩集 (ちくま文庫)ランボー全詩集 (ちくま文庫)
(1996/03)
アルチュール ランボー

商品詳細を見る

まずは、ランボーの「地獄の季節」から興味深い節を抜粋してみます。
原文のフランス語ではこのように書かれています。

Elle est retrouvee.
Quoi ? - l'Eternite.
C'est la mer allee
Avec le soleil.


7つの日本語訳


もう一度探し出しだぞ
何を? 永遠を。
それは、太陽と番った
海だ。
(堀口大學 訳)



また、見つかった、
何が、
永遠が、
海と溶け合う太陽が。
(小林秀雄 訳)



また見付かつた。
何がだ? 永遠。
去(い)つてしまつた海のことさあ
太陽もろとも去(い)つてしまつた。
(中原中也 訳)



とうとう見つかったよ。
何がさ? 永遠というもの。
没陽といっしょに、
去(い)ってしまった海のことだ。
(金子光晴 訳)



見つかったぞ!
何がだ?
永遠。
太陽にとろけた
海。
(粟津則雄 訳)



あれが見つかった
何が?
永遠。
太陽と溶けあった
海のことさ
(宇佐美斉 訳)



それが見つかった。
でしょうか? - 永遠。
それはなくなって海の
太陽と。
(google翻訳)


私はフランス語が分からないので、どれが最も原文に忠実な訳なのかは分かりません。

しかし、日本語として、最も美しく感じるのは、
②小林秀雄の訳です。
(小林秀雄さんの本業は評論家なのですが、非常に優れた功績を残しています。
私は氏の著作が大好きなので、いつかブログで採り上げるつもりです。)

①堀口大學の訳はシンプルでいながら、なにかグッとくるものがあります。
(もしかしたら、一番、原語に近い訳なのかもしれません。
堀口大學さんはフランス文学の日本受容にとって、カリスマ的な存在の人です。)

④金子光晴の訳も美しいですね。
③は中原中也好きの方にとっては堪らないものがあるでしょう。
(google翻訳はシャレでやってみたんですが、論外ですね。)

ゴダールの映画「気狂いピエロ」のこの詩が使われているラストシーン。
掛け値なしに感動的です。
(日本語字幕付き)




2.

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る

続いて、ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」より、プロとコントラ

原文は見つかりませんでした。

2つの日本語訳


俺が泣くのは絶望からじゃなく、自分の流した涙によって幸福になるからにすぎないんだよ。
自分の感動に酔うわけだ。
(原卓也 訳)



だから、おれが涙を流すにしても、絶望からじゃない、たんに自分の流した涙で幸福を味わいたいからにすぎないんだ。自分の感動に酔うってわけだ。
(亀山郁夫 訳)


私は圧倒的に、原卓也氏の翻訳の方が優れていると考えています。
この「カラマーゾフの兄弟」は長編小説なので、このような短いセンテンスだけを抽出しても、余り意味がないかも知れませんね。
(最近、亀山郁夫訳の「カラマーゾフの兄弟」が非常に売れましたが、あれを読んで物足りないと感じた人は、是非、原卓也訳の「カラマーゾフの兄弟」を読んでみて下さい。印象が全く異なります。)


3.
ブレイク詩集―無心の歌、経験の歌、天国と地獄との結婚 (平凡社ライブラリー)ブレイク詩集―無心の歌、経験の歌、天国と地獄との結婚 (平凡社ライブラリー)
(1995/10)
ウィリアム ブレイク

商品詳細を見る

最後に、イギリスの幻想詩人、ウィリアム・ブレイク。

「天使」 経験の歌より

これに関しては、ちょっと簡単に内容を書いてみます。

通常、ブレイクは天使を、不幸に虐げられたものを神の慈愛に導いてくれる者として扱います。
しかし、この詩においては、天使の存在は明らかにネガティヴに表現されています。
とまれ、天使自体がネガティヴであるのではありません。
夢の中とはいえ、天使を敬遠したいと感じている女の子の気持ちがネガティヴなのです。
女の子は、さらに積極的に天使に刃向かおうとまでします。
そして、そう思った瞬間、その行動の代償として必然的に、
女の子の頭は白髪になり、若さ、つまり純真さを失ってしまいます。

この基本的な内容を頭に入れて、下記の詩を読んでみて下さい。
そしてどのような意味なのか、改めて考えてみて下さい。
(詩という表現形態において、考えるという行為はときに無意味なことも多いですが
(詩を読む際最も重要なのは直感です。)、より深くその表現を感じることが出来ることもあります。)



原文の英語ではこのように書かれています。

---The Angel---

I dreamt a dream! What can it mean?
And that I was a maiden Queen
Guarded by an Angel mild:
Witless woe was ne'er beguiled!

And I wept both night and day,
And he wiped my tears away;
And I wept both day and night,
And hid from him my heart's delight.

So he took his wings, and fled;
Then the morn blushed rosy red.
I dried my tears, and armed my fears
With ten thousand shields and spears.

Soon my Angel came again;
I was armed, he came in vain;
For the time of youth was fled,
And grey hairs were on my head.


3つの日本語訳


私はひとつの夢を見た!その意味は何だろう。
私は未婚の女王で、
やさしい天使に守られていたのに、、
愚かな哀しみが紛れる時はなかった!

私は夜も昼も泣いた、
すると彼は私の涙をぬぐってくれた。
私は夜も昼も泣いていて
私の心の歓びを彼らから隠した。

そこで彼は翼に乗って逃げた。
やがて朝が薔薇の赤に恥じらった。
私は涙を乾かし私の恐怖に武装させた、
一万の楯と槍でもって。

そのうち天使がまたやって来た、
私は武装していたので、彼は来ても無駄だった。
というのは青春の時は過ぎ去り
私の頭は白髪になっていたから。
(松島正一 訳)



私は夢を見た、何のしるしかな、
私は未婚の女王様であり、
おとなしい天使にまもられながら、
たわいない悲しみを慰められようともせず、

ひるもよるも泣いていた、
天使は私の涙をぬぐってくれるけれど、
よるもひるも私は泣いていて、
心のよえおこびをおしかくした。

かくて 天使は飛び去ったが
次の朝がばら色にあからむ時、
私は涙を乾かし、怖れで身を鎧い、
一万の楯と槍とでまもった。

やがて天使はまた訪れたが、
私が武装していたので近よるすべもなかった。

そして私の若かった時はすぎ去り、
頭はしらがになった。
(土居光知 訳)



夢をわれ見き!何の夢?
われはやさしきみつかいに、
身をまもらるるきさき姫、
さるを憂の霧れじとは!

夜に日にわれの泣きければ
かれわがなみだ押しぬぐふ
日に夜にわれは泣きぬれて
みねのよろこび見せずけり

かれかなしみて飛び去りぬ。
いまあからひく朝にして、
われは泣きやみ、ちよろづの
武具におそれをつつみけり

みつかひはまた来しかども、
すべなし、われは鎧へる身。
青春のときとくすぎて
わが頭には白髪あり
(寿岳文章 訳)


この訳は①⇒②⇒③がそのまま、評価の順番です。
①は詩的表現も十全にある非常に美しく、かつ原語にもかなり忠実な訳になっています。
②も悪くはないのですが、①と比較すると少しおちるかな、といった印象です。
③はいくらなんでも表現が古すぎます。一時代前の日本語に精通していなければ、理解は難しいでしょう。


ちなみに、ウィリアム・ブレイクの書籍で、超絶的に素晴らしいものがあります。

Favorite Works of William Blake: Three Full-Color Books (Dover Thrift)Favorite Works of William Blake: Three Full-Color Books (Dover Thrift)
(1996/02/23)
William Blake

商品詳細を見る

ブレイクは詩人であると同時に、画家でもありました。
自身の詩集に、自身の挿絵を多々描いています。はっきり言って、異常な美しさです。
この本は「天国と地獄の結婚」「経験の歌」「無垢の歌」の3つの詩集が集められています。
ブレイクを読んでみたい人は、まず初めにこれを読む(鑑賞)べきです。非常にお薦めです。


<おまけ、ドストエフスキーあれこれ>

5大長編
もし順位をつけるなら、
悪霊>カラマーゾフ>白痴>未成年>罪と罰
ですね。

dos.jpg

カラマーゾフの兄弟、悪霊&短編集(英訳版)
dos3.jpg

ドストエフスキー関係の書籍が計24冊ありました。
dos comp




スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/21(金) 17:11:41|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニーチェについて


超訳 ニーチェの言葉超訳 ニーチェの言葉
(2010/01/12)
白取 春彦

商品詳細を見る


今回の更新は、敢えて、上品ではない、はっきり言って下品な文体で書く。

<ニーチェについて>

私はニーチェという人物を、
「哲学者」であり「キチガイ」であり「凡人」でもあり「ペシミスト」であると確信している。
矛盾している?いや、矛盾していない。人は自己の中に常に矛盾を孕んでいる。

最近、「超訳 ニーチェの言葉」という本が出版され話題になった。
売り上げはかなりのものとなった・・・
この本は流行りモノに目が無い人、行間を読めない人に絶賛された。
(出版社の宣伝に騙されるアホが余りにも多すぎる!)


断言する。

この本は正真正銘の「クソ」だ。


例えばこの「超訳 ニーチェの言葉」には、

「自分を常に切り開いていく姿勢を持つことが、この人生を最高に旅することになるのだ」
Lernen wir besser uns freuen, so verlernen wir am besten, anderen wehe zu tun.

という言葉が紹介されている。
これは「ツァラトゥストラ」からの引用だ。
この言葉だけみると、非常にポジティブな言葉のように感じる。
この本では短いセンテンスだけを抽出し安易な解釈を行っている。
「自分を常に~」
この言葉の前後に歴然と存在する絶望がなに一つ描かれていない。
文脈の中でしか理解し得ないものがニーチェの著作には確かに存在する。
この、
「自分を常に~」というセンテンスも
絶望、慟哭、虚無、無念を孕んだ一連の文章の流れの中でこそ光り輝く。
センテンスのみを取り出して、理解した気になる。
(極論だが)それでは相田みつをの作品を読み、理解したのと同じようなレベルだ。

何故、ニーチェという論理的な思考を極限まで推し進めた人の文章を、
一つのセンテンスで解釈しようとするのか?
売れれば良いという資本主義の最も悪しき面のように感じる。
(一般的にニーチェは散文的なスタンスの哲学者だという認識が強いが、
私の見解ではニーチェは非常に論理的な推敲を重ねた哲学者だ。)

この方法では違うんだよ!
ニーチェは違うんだよ!
「論理的であること」
それを人間の意志でどこまで探究できるか、
それに命を賭けてたんだよ!

ニーチェは晩年、
論理的な思考の追求の果てで、
論理的思考の彼岸を見つめるあまり、
苦しみの果て、発狂して死んでんだよ!

ニーチェの本当の著作である、
「ツァラトゥストラ」を読め!
「善悪の彼岸」を読め!
「道徳の系譜」を読め!

そして、
この文章に託された想いを、
その意味を、

自分で考えろ!

自分自身で、悩んで、苦しんで、考え抜いた結論にこそ価値があるんだよ!


<この本が持て囃される社会的風潮に対して>

簡単に人を信じるな。
易々と他人に影響されるな。

文字なんて活字に組まれ、
本になると立派なことを書いているように見えるもんなんだよ。

しかし、言葉なんてたいしたことないんだからな。
(言葉というのは、明らかな矛盾(バグ)を抱えた不完全なツールである。)


書かれた文字を疑え、
語られた言葉を疑え。

そして、最後に、いちばん問題なのは、
何か自分以外のものに過度に期待し、
判断を全面的に他者に依存することだ。
むやみやたらと他人を信じるなよ。
他人を尊敬するなよ。

全ての文字には「嘘」が存在し得る。

むやみやたらにこの本が評価されていることに、吐き気がした。
だから、あえて批判を買うような文章を書いた。

そして、この文章にも「嘘」が存在し得ることを決して忘れてはいけない。





FC2ノウハウ
にほんブログ村

テーマ:思索 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/04/17(日) 02:27:53|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドストエフスキーについて

ドストエフスキーについて
Dostoevsky.jpg


世界で最も偉大な作家ドストエフスキーについて、
(フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー)
いくつか私見を書かせていただきます。

ドストエフスキーの文学は麻薬的です。
読めば読むほど、その毒は体にまわります。

先日、亀山郁夫訳で「カラマーゾフの兄弟」を再読しました。
訳については、ここでは触れません。
ドストエフスキーの凄さを再認識させてもらいました。
人間のどうしようもなく醜い部分から、
神聖とまで言っていいような純粋さ、
ありとあらゆる人間が描かれています。

「罪と罰」
「白痴」
「悪霊」
「未成年」
「カラマーゾフの兄弟」


が彼の代表的な長編作品です。

非常に難しい問題なのですが、
ドストエフスキーの最高傑作を挙げろと言われれば、
私は「悪霊」を選びます。

これらの傑作群に対しては、後日感想を書かせて頂くつもりです。



罪と罰 (上巻) (新潮文庫)罪と罰 (上巻) (新潮文庫)
(1987/06)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


白痴 (上巻) (新潮文庫)白痴 (上巻) (新潮文庫)
(2004/04)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


悪霊 (上巻) (新潮文庫)悪霊 (上巻) (新潮文庫)
(2004/12)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


未成年 上巻 改版 (新潮文庫 ト 1-20)未成年 上巻 改版 (新潮文庫 ト 1-20)
(2008/06)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
(1978/07)
ドストエフスキー

商品詳細を見る






FC2ノウハウ

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/03/22(火) 22:48:43|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ザ・ワールド・イズ・マイン』(The World Is Mine)感想


真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)
(2006/08/31)
新井 英樹

商品詳細を見る


新井英樹作の
『ザ・ワールド・イズ・マイン』

の感想を書かせて頂きます。

一言でいうと、衝撃的。
ただ、それに尽きます。

<ストーリー>
東京都内各所で消火器爆弾を設置するモンちゃんとトシの二人組(通称トシモン)は、
これといった理由もなく北海道を目指す。
その道中、青森県で成り行きから連続爆破、警察署襲撃、殺人代行といった
日本全土を震撼させる無差別殺戮を開始する。
それは内閣総理大臣までも舞台へと引きずり出す大きな勢いとなる。
時期を同じくして、北海道から津軽海峡を渡ったといわれる謎の巨大生物「ヒグマドン」が出現し、
次々に人々を惨殺して東北を南下していった。
「鉄人」とも呼ばれる熊撃ちの老人と、新聞記者がそれを追いかける。
そして遂に3つの点が秋田県大館市で遭遇する。
ここで初めてヒグマドンの全貌が明かされ、
物語はアメリカ大統領すら巻き込む全世界レベルで進行していく。

大館市内を通り過ぎた後も南下を続けるヒグマドンは、
自衛隊による捕獲が決定され仙台市で仮死状態にされる。
その後太平洋を海上輸送されたが途中で巨大化。
水爆を打ち込まれることでようやく成長が止まった。
トシモンは大館市を脱出するが、モンちゃんが秋田市内で銃を乱射、警察と銃撃戦を繰り広げる。
やがて秋田県内の山中へと逃走の末、トシだけが逮捕される。
一方、モンちゃんは国内の支持者を使って関東同時多発テロを引き起こし、
その後に海外に脱出して世界のテロリストのカリスマとなった。

こうして世界は殺伐としたまま、今までと変わらず続いていくと思われたが……。
(Wikipediaより引用)

<評価>
その余りの異端性に、非常にカルト的な人気を誇っています。
著名な方ですと、
呉智英、岩井俊二、松尾スズキ、庵野秀明、宮崎哲弥、高橋源一郎、樋口真嗣、町山智浩
といった方々から絶賛されています。

<感想>
メチャクチャ面白い。

Amazonのカスタマーレヴュー等を見ると、
この作品のテーマとはなにか?
に言究されているものが多いです。

しかし、この作品にテーマなんてあるのかなぁ?
というのが私の感想です。
(しかし、どのような解釈でも許すような、懐の広い作品だとは思います。)

強いて言えば、
現代社会の闇の部分(タブーとされるもの)
を面白可笑しく描いているように感じます。
たかだか漫画。されど漫画。
ここまで、徹底してタブーを描き切った、
著者の新井英樹さんには敬意を感じます。
(ここまで、正面切ってタブーに挑戦した漫画家は、
山野一さん、根本敬さん位ではないでしょうか。)


一点、強調しておきたいのは、
キャラクターの描写の細かさ。
非常に綿密に各キャラクターを描いています。
それがストーリーに生き生きとした力を与えています。
(私が特に好きなのはトシというキャラクターです。)

一読の価値はあると思います。
お勧めです。







FC2ノウハウ

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/03/21(月) 18:20:32|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヒロチェリ

Author:ヒロチェリ
FC2ブログへようこそ!
クラシック音楽を中心に、色々と書いています。

カテゴリ

クラシック音楽 (52)
チェリビダッケ批評 (25)
セルジュ・チェリビダッケ (12)
J.S.バッハ (4)
ベートーヴェン:交響曲 (0)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ (0)
ブルックナー:交響曲 (1)
マーラー:交響曲 (3)
クラシック音楽について (4)
Jazz/Progre/Rock等 (14)
Dream Theater (7)
日々の生活 (14)
お気に入りの歌詞 (3)
書籍 (4)
真理 (2)
映画 (4)
アメリカン・ニューシネマ (2)
IT(Information technology) (3)
21世紀の精神異常者 (4)
お薬をどうぞ (2)
Twitter (44)
未分類 (3)
絵画&写真 (0)
Studio album (0)
Sergiu Celibidache (2)
プログレ (0)

最近の記事+コメント

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
783位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
55位
アクセスランキングを見る>>

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブロとも一覧


クマでもわかる物理学最新トピックス

〜TOMOHISA SUZUMURA’S CRITICAL SPACE/鈴村智久の批評空間〜

厳選!ダンス動画

【三日坊主日記】改め・・・『考え中』

Ragdollの主題による変奏曲

知好楽@瀬戸田

Violino~クラシックのある生活~

四季歩のつれづれ

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

音楽 ハイドン チェリビダッケ ヘロイン 映画

HDD 外付け ハイドン Haydn Bruckner Tchaikovsky Celibidache ブルックナー チェリビダッケ Record ルーマニア Sergiu ランボー ブレイク 翻訳 ドストエフスキー 堀口大學 小林秀雄 google  アメリカン・ニューシネマ スタンリー・キューブリック サム・ペキンパー シルヴィ・ギエム Sylvie Guillem エベレスト 世界一  チョモランマ Everest ネパール チベット Gould Bach Glenn グールド グレン・グールド バッハ ヱビス 黒ラベル チェコ プレミアム・モルツ エーデルピルス ビール サッポロ ピルスナー・ウルケル ベルティーニ マーラー ギーレン テンシュテット SonicStage オーディオプレイヤー iTune foobar2000 AudioGate ライブラリ 音質 イコライザ AIMP2 Web Browser Opera Iron ブラウザ ウェブブラウザ 仏教 Mahler Schubert シオラン アフォリズム Beethoven 交響曲 ムラヴィンスキー レニングラード・フィルハーモニー チャイコフスキー Dream ドリーム・シアター プログレ Theater ピアノ協奏曲 Blog ブログ ブクレコ Facebook ピアノ・ソナタ ベートーヴェン ミュンヘン・フィル トラックバックテーマ 掲示板 Amazon ムソルグスキー ラヴェル 光の帝国 マグリット Zeppelin レッド・ツェッペリン Led ジミー・ペイジ Radiohead ハルシオン ロヒプノール ベゲタミン パキシル トランキライザー デパス カート・コバーン 睡眠薬 ティモシー・リアリー キリスト 人体実験 ゲーテ 善悪の彼岸 白取春彦 ニーチェの言葉 超訳 道徳の系譜 ニーチェ ツァラストラ バレエ ベジャール シカゴ交響楽団 天才 文化会館 バレンボイム ギエム ボレロ バロウズ ヘロイン Heroin シュルレアリスム 上野 ベルギー アート 絵画 ブーレーズ 現代音楽 フーガ バロック ゲーベル フーガの技法 レオンハルト エマール クラシック音楽 管弦楽曲 EMI オーケストラ ロメオとジュリエット ソナタ形式 くるみ割り人形 Nutcracker 組曲 花のワルツ ニュルンベルクのマイスタージンガー 喜劇 悲劇 指輪 前奏曲 序曲 ワーグナー トリスタンとイゾルテ 白痴 悪霊 未成年 罪と罰 文学 ロシア カラマーゾフの兄弟 楽章 オーケストレーション ハ短調 クラシック ブラームス 地震 被災者 原発 津波 計画停電 東北関東大震災 東日本大震災 東電 福島 東京電力 クラリネット スケルツォ 根本敬 ザ・ワールド・イズ・マイン 新井英樹 田園 ロマン派 キース・ジャレット ヴァント シューベルト リヒテル ベルリオーズ スメタナ マイルス ビバップ エヴァンス ジャズ 大地の歌 ミュンヘン メンデルスゾーン シューマン モーツァルト 時間 偉大 奇跡 カタルシス 永遠 ソナタ バーンスタイン 悲愴 フランス 音楽 芸術 呪われた部分 メタル トッティ 長調 ピアニッシモ フォルテッシモ モダン・オーケストラ ピリオド・オーケストラ アレグロ マイルス・デイビス ピアノ ロック EMI 救済 スピード 覚醒剤 スレイヤー スラッシュ レイン・イン・ブラッド メガデス ヘビー・メタル アンスラックス メタリカ HR/HM フルート München 北ドイツ 真夜中のカーボーイ 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。